気温が上昇し薄着になり肌を露出する機会が増えるとムダ毛が気になり始めますが、成長が早いのでカミソリで処理してもすぐに元通りになりますし、正しい使い方をしていても肌に与えるダメージが大きいです。そうした問題を解決するために役立つのが脱毛クリーム除毛クリームなのですが、よく似ている2つであるからこそ脱毛クリームとは?といった疑問や除毛クリームとは?という迷いが生じ、なかなか決められない方も稀有ではありません。

実はそれぞれ違う名称が付けられているものの、呼び名が異なるだけであり効能は同一であり、脱毛と耳にすると脱毛サロンのように根本から消失させられるように感じますが、脱毛クリームも除毛クリームも毛根事態が無くせるわけではないと言えます。脱毛クリームは名前に脱毛と付いていますが脱毛の作用はないです。

 

市販されてい脱毛クリームも除毛クリームも肌の表面の毛だけに作用して、毛根には作用しないという特徴があります。除毛クリームは肌の表面上に出ている毛を除去するクリームで、アルカリ性の薬剤が含まれています。アルカリ性の薬剤や毛のタンパク質に働きかけて毛を溶かしていきます。肌は毛と同じくタンパク質でできているので、タンパク質に作用するクリームは肌に負担になります

 

。除毛クリームと脱毛クリームはどちらも毛根から抜けるといった事は無く、表皮の表面上にあるムダ毛のみを取り除くのみであるため、プロセスが異なるだけでシェーバーもしくはカミソリで剃るのと同一です。

ただしプロセスに差異があるというのが最も大きな特徴かつ魅力であり、カミソリとは違って肌に塗り広げた後少しの間待機してから拭き取るだけで良いのですが、そうした簡単な使い方を実現しているのは特殊成分が関係しています。体毛の主成分であり、たんぱく質を溶かす作用を有しているため、塗るだけで浸透して滑らかな肌になり、剃る事に比べ見た目や手触りでざらつきを覚えるまでを長引かせる事が可能です。

クリームであれば双方に成分の違いは見受けられないのですが、注意事項として念頭に置いておかなければならないのは、含有している有効成分が毛のみならず肌にまで浸透すると使用している段階で、火傷を負った時のように痛む事例がある事です。赤みを伴うといった報告もあるので使い方として気を配るべきなのは、最初から広い範囲に使おうとはせずに目立ちにくくて、比較的皮が厚い所を目掛けて用いてみるようにしましょう。

除毛クリームの基本情報が知れたら実際に買い求める事になるのですが、手軽さが人気を受けていて市場には様々なメーカーから多くの製品(ムーモクリーム)などが販売されています。大きく分類すると男性用や男女兼用に分かれており、男性向けは強力であるものの刺激が強めなので敏感肌でも使える?と気になっている方は男女兼用タイプにしましょう。また、よほど濃い剛毛でない限り兼用でも問題無く綺麗に取り払う事が可能なので、負担を最低限にすべく男女兼用の品にすると良いです。

 

除毛クリームの使い方は、ムダ毛の部分に均一に除毛クリームを塗り一定の時間をおいて拭き取るか洗い流します。クリームを塗る時間は製品によって異なるので、必ず使用説明書をよく読んでから使います。除毛クリームを使った後は、アフターケアが非常に大切です。除毛後は肌をクールダウンして、刺激の少ない化粧水やジェルを使って保湿をしておきます。ムダ毛を処理した直後の肌は敏感な状態になっているので保湿は軽めにします。1日たって肌が落ち着いてから、しっかりと保湿をして肌を整えます。

除毛クリームを使う場合は必ず事前にパッチテストを行い、肌に合うか合わないかを確かめてから使います。除毛クリームは、クリームと名が付いていても乳液タイプやジェルタイプ、ローションタイプなど様々な種類の製品が販売されています。

 

このようにクリームは使い勝手が良くて素早くムダ毛処理が実行できるものの、毛根が残ってしまうので根本的に無くしたいのなら脱毛ワックスを選びましょう。身体にワックスは結び付かないので脱毛ワックスとは?と気になりますが、粘着性のある液剤を使い指定された時間放置して固まらせた後に剥がし取ると、毛が付着していて根本まで抜けて根絶させられるという仕組みです。

 

最近注目されることが多くなったのが脱毛ワックスです。美容系の質問サイトにも脱毛ワックスとは?という質問が増えています。脱毛ワックスは海外ではよく使われている脱毛剤で、モデルや女優も使っていることから日本でも人気が上昇中です。
脱毛ワックスには油性と水生があり、油性ワックスは松やにがベースです。水性ワックスは、ハチミツや砂糖を使ったワックスで、油性ワックスよりも肌に優しいため人気が高いです。油性タイプは、高温で温めて使うケースが多いです。ムダ毛の部分にワックスを塗り、ワックスが乾いたら毛の流れと逆の方向からシートを剥がします。永久脱毛ではないので、定期的に脱毛を行う必要があります。