カルピスといえば乳酸菌ですが、
ビオマイン』という新しいサプリメント
が発売されたそうです。

この『ビオマイン』にはC-3102株という菌が
配合されています。

このC-3102株、生きて腸まで届く強い菌として
注目されているのです(*^_^*)

カルピスの乳酸菌サプリメントといえば『アレルケア』が
人気で、クチコミなどでもとても評判が良くて、
私も健康のために『アレルケア』はよく購入して
飲んでいます。

『ビオマイン』は新しいC-3102株配合と
いうところが注目ですね(^_-)-☆

この、C-3102株って乳酸菌でも
ビフィズス菌でもない菌だそう。
・・・いったい何なのでしょうか?

C-3102株は、「枯草菌こそうきん)」といって、
カルピス独自の微生物研究によって
自然の中から発見された菌です。
高温・低温・乾燥に強いこの菌は、
ヒトの健康をサポートしてくれる
働きがあるだろうと注目されている菌だそうです。

このC-3102株は、外部からの刺激に強いので、
飲んでもそのほとんどが生きたまま腸まで届くのです。
また、もともと体に持っている良いものを増やしてくれる
働きをしてくれます。

『ビオマイン』を知った愛用者を
ご紹介します(^_-)-☆

■38歳 女性
ずっと便秘で困っていました。
便秘薬はクセになると聞いて、できるだけ優しい
方法で解消したいと思っていました。
でも、ビフィズス菌のサプリメントではイマイチ
すっきりしなくて・・・
『ビオマイン』を飲んでみることにしました。
聞いたことがない菌が配合されているので
大丈夫かな?と思いましたが、カルピス社ということが
購入の決め手となりました。

■43歳 男性
昔からお腹が弱く、急に腹痛が起こったりして
困っていました。
腸を根本から改善したい、と思い『ビオマイン』を
飲みはじめました。

★公式ページはこちら