日本では一般的に知名度が高いとは言えないものの、美意識が高い方は既にこぞって取り入れているのがバタフライピーです。耳馴染みがない方においてはバタフライピーとは?と気になる方が多いのですが、タイが原産のハーブということもあり、タイやバンコクではアンチエイジング効果の代表格として有名です。

 

名称が特徴的であり、一度耳にすると強く印象に残りますが、バタフライという名がついているように花びらの様子が蝶に似ているという特徴があります。タイ国内では食事やお菓子に着色したい時に用いることもあり、身体に害が生じない天然色素として重宝されている一面もあるほどです。
また、自生する植物であることから国内を散策してみると公園やお宅の庭先などで目にすることも多いです。こうしたバタフライピーは一度目にすると忘れられないほど強いインパクトを受ける青色が特徴的です。通常、人間は青い食品を目にすると食欲が減退しますが、非常に綺麗な色なので積極的に口にしたくなる印象です。
このような色味を実現しているのはブルーベリーなどに含有されていることでお馴染みのアントシアニンの影響であり、細胞が老化してしまうことを防いでくれます。当然、目にも良い効能をもたらすのでコンピュータなどで作業することが多い方は眼精疲労が解消されますし、老眼などを改善してくれるアンチエイジング効果もあります。

 

もちろん、肌に対する効果も高く体内に存在しているコラーゲンを安定化させられる働きが認められています。皮膚細胞自体を健康にすることにより、高い弾力性をキープすることができるため、年齢を重ねても若年層のようなもっちりとした感触になります。加えて、脂肪細胞に対してもアプローチすることが可能なので、ダイエットとの関係も密接であり肥満を予防することができます。日頃から口にしていると基礎代謝が向上し、少しの運動量でも消費するエネルギー量が多くなるため、太りにくい体質に生まれ変わります。

 

健康に役立つとされるお茶は色々な種類がありますが、ファビウス 青の花茶も通販で人気の商品のひとつです。あおの花茶はノンカロリー、ノンシュガー、ノンカフェインが特徴でパッケージの見た目もおしゃれなので、口コミでも話題となり、SNSで紹介する人も増えるなど女性に人気となっています。

 
そしてお茶というと茶色、褐色、琥珀色などのイメージがありますが、あおのはな茶はその名前の通り、ブルーの美しい色のお茶であることも他のお茶とは違う特徴です現代女性の悩みに対応した厳選されたハーブが使われているのも特徴的で、代表的な成分としては甜茶、アマチャヅル、メグスリノキ、ラフマが採用されました。

 
さらに日本ではなじみがありませんが、バタフライピーも配合されています。バタフライピーとはタイで古くから愛用されているハーブで美容業界でも注目が高まっています。東南アジアのマメ科の植物で天然の青い色素を持ち、古くから染め物にも利用されていますし、美と髪に効くハーブとしてアーユルヴェーダでも利用されてきました。
このファビウスお茶がどんな人向き?ということとなりますが、ダイエットをサポートしてくれますので、ダイエット茶として利用している人も多くなっています。正しい飲み方も知っておきたいですが、飲むタイミングはいつでも良いので毎日続けることが大切です。ホットでもアイスでも美味しく飲むことができます。

 
煮出したりする手間もなくティーポットに一袋入れ沸騰したお湯を注ぎ、蓋をしてしばらく蒸らします。オレンジジュースやミルクと合わせても美味しく飲むことができますし、クエン酸をプラスするときれいな紫色に変化します。甘さもありますので、甘いもののかわりの飲んでカロリーカットが出来るのもメリットです。

 
青の花茶 fabiusのお得な注文方法も知っておきたいですが、ラクトクコースなら初回は大幅割引があり、2回目以降も20パーセントオフで購入することができます。さらに全国どこでも送料が無料で30日間の返金保証もついています。長く続けるならこうした方法を選ぶとかなりコストは抑えることができます。

ラクトクコースの初回大幅割引はこちらから↓