豊胸手術の方法も昔と比べて様々に
増えてきましたが、豊かなバストになれる
メリットがある反面、デメリットがあるなど
少なからずリスクが伴います。

「脂肪注入豊胸」のリスクには、
採取した脂肪を直接注入するので、もし、
死活細胞などの不純物があっても
そのまま注入するようになります。
そのため、脂肪壊死や石灰化になる恐れがあります。

脂肪注入は体から脂肪吸引をするため、
体への負担が大きい他、乳がんの診断が
難しくなる場合もあります。

豊胸手術の中でもお手軽で比較的安全とされる
「シリコンバック豊胸」のリスクには、
異物を体に注入しますから、拒絶反応がおこる
可能性が出てきます。

バッグが破損することはほとんどありませんが、
皆無ではありません。

「ヒアルロン酸豊胸」の手術は、
顔のプチ整形等などにも使われたり、
化粧品の成分に使われる使用成分と同じ
ヒアルロン酸で行われますが、効果は1~3か月
くらいでなくなります。

効果が残る場合はヒアルロン酸の組織化が
起きて社会問題にまでなっているといいます。

ヒアルロン酸の組織化がおこると、
注入した部分の組織がダメージを受けて
凸凹になり、なかなか治らないといいます。

顔の整形から比べて失敗なさそうですが、
豊胸の手術をしても思うようにならなかったとか、
コンプレックスを抱えてしまうようです。

そこで信頼できる豊胸クリニックを
少しご紹介したいと思います。
一番自然なバストを手に入れるには、
脂肪注入をオススメしています。

池田ゆう子クリニックというクリニックは
女医豊胸手術の実績もあります。
しかも、乳がん検診なので「豊胸した」
と言わなくてもOKとのことです。

豊胸の手術は1回で終わるし、地方からも
池田ゆう子クリニックに来院されていて
主婦の方が多いクリニックです。
女医で脂肪注入豊胸のプロなので安心できると
評判も良いです。