ファンデーションのタイプはいくつもあり、
自分の肌のことも考えずに評判や好きな
メーカーというだけ選んでしまって
後悔することもあります。

どんなに高価なファンデーションを使っても
自分の肌に合わないと効果が半減どころか、
肌に負担をかけてダメージを与えてしまいます。

ファンデーションを選ぶときは、
自分の肌の質他、使用している
スキンケアコスメとの相性なども考慮して、
自分肌の質に相応しいファンデのタイプを
使うことをおススメします。

ファンデーションの選び方他、つけ方も
間違っているとキレイなメイクの仕上がりが期待できません。
まずはファンデーションのタイプ別の
メリット、デメリットを知ることをおススメします。

パウダーファンデーションのメリットは、
塗るのが簡単なうえ、厚くならずに済むので、
初めての人でも比較的キレイに塗れます。

塗り直しも簡単に出来るのですが、
デメリットは、いかにも「メイクしました!」と
いう感じで自然の仕上がりにならないことや、
カバー力が今ひとつ劣るということです。

リキッドタイプファンデーションのメリットは、
液状になっているので保湿も保てしっとり感があり、
多少肌荒れしていても塗りやすいのが
リキッドタイプです。

伸びが良いのでキレイなメイクができるほか、
カバー力が良いのですが、デメリットとしては
他のタイプのファンデーションとくらべて
肌に負担がかかりやすいことや、
脂性の肌の方にはべたつく感じがして合わないようです。

クリームタイプのファンデーションは、
リキッドタイプと同様クリーム状になっていて、
トロッとした感じがします。
保湿力も優れ、メイクが長持ちします。
比較的固い物の方がカバー力が高いようです。
肌が弱い人はリキッドよりクリームタイプがおススメです。