メイクのよれは、もちろんファンデーションの
影響も大きいのですが、それ以上に日ごろの
お肌のスキンケア
が大切です。

ペンキに例えても仕方がありませんが、
塗るところに凸凹があったり汚れがあっては、
キレイにペンキが塗れないのと同じと考えてください。

ファンデーションを塗ったときに
よれる原因で考えられることは、
肌が乾燥していたり、古い下地クリームを
使っていてもよれることがあります。

鼻だけファンデーションがよれる人もいますが、
鼻はファンデーションがよれやすいので
薄くつけるのが基本です。

また、ファンデーションを伸ばす時の
手の向きにも気をつけてください。
顔の中心から外側に放射線状に伸ばす
ことでよれができにくくなくなります。

そのほか、気をつけたいのが日焼け止めクリームと、
下地クリームの重ね塗りです。
ムラが出来やすいので避けたほうが無難です。

これらのファンデーションを付ける段階での
解決策としては.下地クリームを、
よく伸ばしてつけることや、
下地クリームでなく美容液タイプに
変えたらよれがなくなったという人もいます。

また、日焼け止めの入ったオールインワンに
変えたらよれが解決した人もいます。
お肌には保湿が一番大事です。

化粧水はたっぷりとつけて保湿を十分にして
よれがなくなったという人など様々です。
ただ、鼻の周辺は油分が多いので
クリームでの保湿は控えめにしてください。

もし、ファンデーションをつけた時によれるようなら、
上記を参考にして工夫してみることをおススメします。